キッチンの流し台にサビが出てしまいました。サビをきれいに落とすにはどうしたらいいですか?

■サビは化学変化
金属性のものには、どうしてもサビ問題がついてまわりますよね。サビは、水分と酸素の化学変化(酸化還元反応)によって金属が腐食していくもので、表面だけの軽い状態であれば、サビ落としが可能です。もしサビを見つけたら、早めに対処しましょう。

■サビが出る原因
鉄などの金属に水が触れると、その水の中に陽極・陰極が形成されます。そしてそれが酸素と結びつくことによってイオンが融け、サビとなってしまいます。強くて加工しやすい金属は、私たちの日常に欠かせない便利なものですが、サビが出てしまうのが弱点です。

その弱点を克服するために開発されたのが「ステンレス」です。サビという意味の「ステイン」と、ない、しないという意味の「レス」という言葉が由来になっているほどステンレスはサビに強く、キッチンにもよく使われていますよね。でもそんなステンレスでも、塩分や鉄分などが付着すると、表面の不動態化被膜が破壊され、サビが生じてしまうことがあります。

キッチンの流し台にサビが出てしまいました。サビをきれいに落とすにはどうしたらいいですか?

■サビを落とすには
表面だけがサビた状態でしたら、ハミガキを少しつけてこすり、洗い流すだけでOKです。ハミガキは歯を傷つけずに磨く上質の研磨剤でもあります。クレンザーより細かな粒子で、サビをきれいにとることができます。水が使えないところのサビを落とすには、アルミホイルを丸めたものでこすってみてください。

ただし、強くこすりすぎると傷ができ、新たなサビが出やすくなるので注意しましょう。もう少し進んだサビは、サビ取り剤を使います。サビ取り剤を塗ってサビを浮かしてから、タワシなどでこすります。ただし、サビがとれても腐食痕が残ることがあります。

アドバタイズメント:トイレ詰まり http://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/service/toilet-repair-method/

■サビを予防するには
サビは水分と酸素の酸化還元反応ですから、なるべく水で濡らさない、濡れたらすぐ拭く、ということを心がけましょう。ステンレスには塩分・鉄分を付着させないようにし、ナベの底などで表面を傷つけたりしないように気をつけてください。そして錆止め剤やカーワックスなどの錆止め効果のあるものでメンテナンスしたり、防錆塗装をしておいたりすると安心です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ