家のガラスを簡単に掃除する方法が知りたいです!毎日掃除を習慣づけるだけで難しい手間はいりません

ピカピカにすることで一際家の清潔感がアップする窓ガラスですが、一際面倒くさくて汚れがしつこい部分でもあります。なかなか綺麗に掃除をすることができなくてついついサボりがちになってしまったり、下手をするとニオイやカビまで発生してしまって余計に掃除が大変になってしまうということも少なくありません。

ですが、ガラスは家にあるもので十分に美しく生まれ変わらせることが可能です。

■簡単に取れる汚れは最初に排除
窓ガラスの部屋側は室内の埃、手垢、油汚れなどが中心で、外側は排気ガスや塵、土や砂などが汚れの原因です。どちらも指でなぞる程度で取れる埃や土や砂汚れを取り除くところから掃除を始めます。こういった大きな汚れを取る時に注意をしたいのが、ごしごし擦りすぎてガラスを傷つけてしまうところです。

乾いている状態の汚れは新聞紙や乾いた布を使って軽く払い、湿っている汚れも固く絞った雑巾で丁寧に取り除きましょう。

■ガラスを洗う
簡単に取れる汚れを落とした後に、ガラスを洗います。窓ガラス用洗剤をスプレーして汚れが浮いてきてから水拭きするか、なければ台所用洗剤で構わないので薄く溶かしたものを吹きかけてください。洗剤はガラスに万遍なく拭きつけるのがポイントです。

液垂れで周囲が汚れないように下に新聞紙を敷いておきましょう。取りきれないカビなどが発生していた場合には、塩素系漂白剤を拭きつけるか歯ブラシにつけて擦り洗いをするとよく取れます。

■仕上げにガラスの水分をしっかりと取り除く
水分を使ってガラスを掃除した後は、よく濯いでから水分を念入りに取り除きます。洗剤等はしっかりと落すこと、ニオイやカビの元になるので濡れたままにしないように仕上げに乾拭きを行うことが大切です。百円均一ショップなどでも売られているマイクロファイバー製の繊維が細かい雑巾を持っていると、拭きムラなく綺麗に仕上がります。

水が残りやすい淵までしっかりと乾拭きしましょう。ガラス掃除のポイントは、取れにくいしつこい汚れに発展しないように溜め込まずにこまめに掃除をすることです。毎日掃除していれば簡単な拭き掃除で充分に清潔感を保てますので、面倒がらずに習慣づけてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ